• ホーム
  • 航空株主優待の取得について

航空株主優待の取得について

株式のグラフ

航空株主優待は、航空会社の株を保有していると取得できる権利です。
年に1度または数回、株主の人を対象に配当として送られてきます。
航空会社の株を買うには、まずは証券会社の口座を開設することから始まります。
現在ではオンラインの証券会社なども多くあり、必要な書類を郵送することにより簡単に口座を開設できます。
株を買うときは、最低の購入単位が決まっていますが、主に10から100となっています。
購入するためには、余裕のある資金を用意しておくことが大切です。
日本にはいくつかの航空会社があり、東京証券取引所にも複数の航空会社の株が上場されています。
航空株主優待の取得は、株主の権利が確定していることが必要となります。
各航空会社は、株主の方々への還元と感謝の気持ちとして、年に1回桜が咲く時期に株主総会なので航空株主優待の内容を発表しています。
航空株主優待権があると、国内の飛行機に非常に割安で乗ることができますので、大変人気の株主優待となっています。
持っている株の数により送られてくる株主優待権の数は異なります。
当然ながら、該当する航空会社の株を持っている人の方がより多く航空株主優待を受け取ることができます。
現在では各社が様々な魅力的な株主優待を実施して投資を促していますが、旅行や飛行機の搭乗回数が多い方は航空会社の株の購入を考慮してみるのも良いでしょう。
航空株主優待はインターネットでも座席を予約することが可能です。
座席を指定することもできます。
また、通常の割引と異なり制限が少なく、多くの路線に制限なく搭乗することができるのも便利な点です。
現在ではその価値は高く、街中の金券ショップなどでも販売されているのを見かけます。
株主優待を利用して、賢く旅行できます。